住宅展示場で住宅会社を選ぶときの注意点

あらかじめ候補先を絞り込んでおこう

数多くの注文住宅専門業者のモデルルームが一同に会する住宅展示場は、より多くのモデルルームを一度に見学できるメリットが魅力です。ですがいざ真剣にそれぞれを見学するとなると、予想以上の時間を要するため、1日にじっくり吟味できる業者数は、せいぜい数社程度に限られてしまいます。無計画に最寄りのモデルルームから順番に回り始めた結果、肝心のお目当ての業者に辿り着かずに時間切れとなってしまった体験談も、数多く語られています。 こうした事例を踏まえ、住宅展示場に足を運ぶ際には、必ず見学したい業者を事前にピックアップの上、最有力候補のモデルルームから順に足を運ぶことをおすすめします。質疑応答を含めて真剣に見学すれば、1社あたり1~2時間を要しても不思議ではありません。モデルルームの見学は単純な繰り返しとなるため、後半になれば集中力の低下も避けられません。

当日までに準備したい資料について

住宅展示場に手ぶらで足を運ぶご家族も少なくありませんが、これでは単なる下見レベルの1日となってしまいます。現地の各社の担当者と質疑応答を交わす格好のチャンスである以上、その時点で自分たちが思い描いているプランを説明できる、簡単な資料を準備すべきです。専門のスタッフから助言や提案を受けることにより、それまで漠然としていたイメージを、より現実的なプランとして見据えるチャンスです。

また各社の公式ホームページを読み込んでおく、調達可能な関連資料を集めておくなどの準備も大切です。ただ漠然と見学に訪れるだけでは、観光旅行の建物見学と大差なく、どの業者がどうだったのか、帰宅後の記憶も曖昧となり兼ねません。可能な限りの下準備を整えた上で住宅展示場に足を運ぶことが、自分たちにベストな注文住宅選択のポイントです。