紹介された工務店で建てる際の注意点

知人や親戚からの紹介のワナ

注文住宅を建築する際に知人や親戚の方が住宅関連のお仕事をしていたりすると、依頼する気軽さや金銭面での期待も込めてついつい頼みたくなったりしますよね? でも実は、そんな気軽さ故にトラブルが発生してしまうケースが多発しています。 例えば、知り合いではない工務店等が建てた家の場合はクレームとしてこちらが思ってる事を相手に伝える事は立場等を考える必要がありません。しかしこれが、親戚や知り合い等の紹介からとなると手前に人間関係が発生してしまう為、相手との立場等によってはこちらが思った事をクレームとして伝える事が難しくなってしまいます。 上司や先輩等からの紹介なら尚更です。 注文住宅にはクレームが付き物なのにこれでは、本末転倒の結果に終わってしまいます。

紹介された工務店に家を建てる際に気をつけたい事

では、どうすれば紹介された工務店と上手く向き合っていく事ができるのでしょうか?

それは、「契約前」にしっかりと内容を話し合いをする事が大切になります。

親戚だからと言って安心してしまい、深い話し合いをせずに任せっきりにしてしまうと後で取り返しがつきません。
契約前に建築の内容や、保障の内容等クレームが発生した際の対応をしっかりとお互いで話し合っておく事で、実際に発生した場合に気軽に声をかける事ができます。

逆にクレームを言われる工務店側としても契約前に話し合いをしている為、納得しながら対応してくれるはずです。
このように、先々に起きうる可能性があるトラブルを事前に予測し、起きた場合の対応を話し合いしておくことが良い家作りの基本となるでしょう。