紹介された工務店で建てるデメリット

困ったときに断りにくい

工務店の紹介で注文住宅を建てようと考えるデメリットとして、何かトラブルがあったり、納得できないところがあったりしたときに断りにくいことが挙げられます。知人や親戚からのおすすめの工務店だから必ずしも全て大丈夫というわけではなく、やり取りをしているうちに不満が出てきてしまうことはないわけではありません。おすすめされて知人や親戚はきっとその工務店で注文住宅を建てるはずだと思っているでしょう。もし断って別の業者に頼んで建ててしまったら、せっかく紹介したのになぜ他を選んだのかと憤慨されてしまうかもしれません。今後の知人や親戚との付き合いを考えると、不満が溜まったとしてもその工務店で建てる必要が生じてしまうのです。

条件交渉も行いにくい

紹介を受けると工務店との交渉も進めにくいことがあります。紹介を受けたからこのくらい値引きしますといった形で先に業者の方から価格を下げられてしまうと、それ以上下げてもらったり、同じ価格で少し別のサービスをつけてもらったりするのもためらわれてしまいがちだからです。また、無理に交渉を進めてしまうと紹介した知人や親戚のアフターサービスに影響が生じてしまうのではないかという懸念も生まれてしまう場合があります。結果としてあまり条件交渉をせずに工務店の言われるがままに決めてしまうことになるケースも少なくありません。交渉上手の人でも紹介を受けたときには躊躇してしまいがちなので覚悟した上で紹介してもらいましょう。